• ホーム
  • 皮膚が硬くなる水虫、抗真菌薬の比較

皮膚が硬くなる水虫、抗真菌薬の比較

水虫の脚

水虫は真菌(カビ)の一種である白癬菌が皮膚に付着し、規制する事で発症する皮膚疾患です。
水虫を治療するには、原因である白癬菌を除菌する必要があり、そのために使用するのが抗真菌薬です。
抗真菌薬は外用薬と内服薬があり、さらに外用薬には軟膏やクリーム、液状など様々な種類が存在します。
外用薬と内服薬を比較すると、内服薬は主に爪水虫やかかと水虫など、角質が硬く外部から薬効が届かないような症状が現れている時に使用します。
水虫は高温多湿な状況で菌が繁殖するため、長時間靴を履く必要がある足に発症しやすいのが特徴です。
初期症状に痒みを感じる事が多く、その内に水ぶくれや皮膚がふやけたように白くなり、剥れてきます。
しかし他の症状として、かかとなどの角質が厚く硬くなる場合があり、一般的な水虫の症状と異なる事から水虫と気づかない人もいます。
保湿ケアなどを行ってもかかとがひび割れるほど硬くなっているような人は、水虫を疑って皮膚科で診察を受けてみましょう。

外用薬と内服薬はそれぞれ優れた特性を持ち、症状に合わせて使用します。
しかし値段は外用薬の方が比較的安価で、爪やかかとまで水虫が広がってしまう早期に治療をスタートした方が治療にかかる費用が少なくて済みます。
抗真菌薬の外用薬はクリーム状が一般的に用いられ、炎症を起こしている皮膚にも刺激が少なく保湿を同時に行えるメリットがあります。
皮膚は皮脂で保護されているため、水分保有率の高い液状と比較すると吸収率が高いのが特徴です。
また、痒み止めが配合されている場合は、痒みから皮膚をかきむしる事を予防できます。
液状は浸透率が良いという利点があり、角質化した皮膚にはクリーム状よりも効果的と言われています。

関連記事