• ホーム
  • 抗真菌のラミシールを塗ると水虫はどれくらいで治るか

抗真菌のラミシールを塗ると水虫はどれくらいで治るか

かかとにクリームを塗っている女性

ラミシールはアリルアミン系抗真菌薬でテルビナフィン塩酸塩を有効成分として、幅広い真菌に対して作用する医薬品です。
主に足水虫の治療に使用されていますが、塗り薬、飲み薬、スプレーといった種類が用意され、その症状や使い勝手によって使い分けられます。
塗り薬はクリーム状のもので、患部に塗布することで皮膚から成分が浸透して、真菌の細胞膜を破壊することで抗真菌作用を示します。
1日1回の使用となり、趾間型、小水疱型、角質増殖型には効果がありますが、爪水虫では真菌が爪の中に入り込んだ状態なので、塗り薬では爪から浸透することができず効果がありません。
真菌が感染している部分は患部とその周辺に広がっているので、塗る際は患部のみでなく、その周辺も丁寧に塗るようにします。
正しく使用することで治療期間は最短で2ヶ月程度で、かかとなどが角質化した角質増殖型では、浸透しにくいことから3~4ヶ月はかかることがあります。
半端な塗り方や1日置きなどで使用すると真菌が広がり悪化する一方なので、治療期間が長くなるので注意しましょう。

治療期間は最短で、症状や人によっては6ヶ月程度かかることもあるので、根気よく治療するようにしましょう。
ラミシールもそうですが、最近の抗真菌薬は殺菌こうかが高いので、市販薬であってもしっかりと治療することで完治することはできます。
水虫がなかなか治らない人は、治療をサボったり薬の使い方が間違っていたりするので、必ず使用方法を確認してから治療を開始しましょう。
また、冬場などは水虫が大人しくなりかゆみなどがなくなるので、完治したと勘違いしやすくなる季節です。
完治したかどうかは病院で検査してもらわないとわからないので、冬場はかゆみがなくても塗り続けるようにしましょう。

関連記事